本番行為をしてしまうと後々大変なことになります

本番行為をしてしまうと後々大変なことになります


本番行為をしてしまうと後々大変なことになります
某大物お笑い芸人が「デリヘルの女の子に容姿を求めてはいけない」とテレビで言っていたことがありました。
しかしこれは大きな間違いであり、今のデリヘルというのはとっても可愛い女の子が在籍をしているものなのです。本番行為をするようなお客様を見逃すのは、お店の評判を落とすことにも繋がりますので、お店は厳重な制裁をします。
100万円を超える慰謝料を請求されたり、写真をネットに公開するなどがあります。
風俗の中でも圧倒的人気のあるデリヘルですが、残念ながら悪質な行為をしている悪徳業者も存在しています。
そんな悪徳業者の餌食になってしまわないように、口コミサイトや情報サイトをまずは参考にして利用するようにしましょう。
デリヘルで万が一本番行為をしてしまうと、発覚した場合には多額の慰謝料を請求されてしまうこととなってしまいます。
女性が本番行為を行う前に「いいよ」と言っても、いざ本番行為をしてしまうと、気が変わってしまうことがあるのでご注意ください。

もし本番行為をして女性がお店に通報してしまうことによって、すぐに男性従業員が駆けつけてくることとなります。
お店の禁止行為に違反したということで、厳しい制裁があなたを待っているのです。




本番行為をしてしまうと後々大変なことになりますブログ:20210910

ぐっどいぶにーん♪

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装したお子様たちが
「Trick or treat?(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のお菓子メーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコやクッキーのように
限定したお菓子ではなく、
お菓子という括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

チーズケーキはもちろんのこと、
お煎餅や大福までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りやトレーニング会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

お子様たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
バチカンではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もお菓子もその言葉だけで
お子様たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

今日は、ここまで。
本番行為をしてしまうと後々大変なことになります

本番行為をしてしまうと後々大変なことになります

★メニュー

悪徳行為をしているデリヘル業者に気をつけよう
優良デリヘル店は性病検査を実施しています
女の子をチェンジをする時には女の子に気を使いましょう
よくあるピンクチラシからデリヘルを利用しないように
まるで恋人気分のように女の子と接しよう
デリヘルでは全てはキスから始まります
本番行為をしてしまうと後々大変なことになります
プレイ前のお風呂も料金に含まれているので楽しもう
あなたのタイプをしっかりとデリヘル業者に伝える
基本的に不潔な男は女の子に嫌われてしまいます


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)エロ動画もいいけど生身のデリヘルもネ